トランジスタ技術 2016年9月号 本文中の誤りについて

以下に誤り・情報不足がありましたので、以下の通り訂正いたします。御手数をおかけしますが、何卒、ご容赦ください。
また、7章については操作に関する説明の順序が前後しているので、実際の実験を行う場合は、少し分かりにくくなっています。先に P.107の「こんな装置」以降をお読みいただき、P.111までの実験が完了してから、P.106に戻っていただくと、実動作するようになっています。(P.106に記載のコマンドは、P.109左下のSTEP 1.ダウンロードやP.111右側のGmail設定が行ってから、実施するのが適切な手順です。)

トランジスタ技術 2016年9月号 特集記事(P.45~P.115)正誤表
46 左列:上から5行目 図1のように,GPIO4や10 図1のように,GPIOや10
54 左列:下から7行目 SocketDebuggerFreeの代わり 後述(P.59)のSocketDebuggerFreeの代わり
56 左列:上から5行目 「Hello!」を入力し,「?」を押すと 「Hello!」を入力し,「」を押すと
56 本文・右列:最下行 お互いのTXD-RXD, TXDとRXD(互いに交差するように),
92 ページ左下 プログラムは下記からダウンロードできます
http://toragi.cqpub.co.jp/tabid
/795/Default.aspx
プログラムは下記からダウンロードできます
https://bokunimo.net/bokunimowakaru
/cq/esp/
95 文末の2行 手順③の部分は永久ループです。手順②の 手順の部分は永久ループです。手順
103 図16 ライブラリBlink (図中のマークの位置が誤っていました。
 右記の「Blink」を選択してください)
Blynk by Volodymyr Shymanskyy
106 右列:上から9~10行目 (右記の内容が抜けていました)  はじめにSORACOM Air用のサンプル・ソフトをP.109の
STEP1を参照してダウンロードしてください。
$ cd⏎
$ git␣clone␣https://github.com/bokunimowakaru/RaspberryPi.git⏎
$ cd␣RaspberryPi/gpio⏎
$ make⏎

106 右列:下から5~4行目 (右記の内容が抜けていました)  次にIoT見守りシステムi.MyMimamori Piのセットアッ
プを行います。はじめにP.111を参照してください。
$ cd␣~/RaspberryPi/network/i.myMimamoriPi/⏎
$ ./setup.sh⏎

また、起動するには下記のコマンドを実行します。
115 文末 (右記の内容が抜けていました)  この実験を行うには、図6 の機器以外に、無線LANアク
セスポイントが必要です。
 実運用に移すには、Raspberry Pi上でソフトウェアに
よる無線LANアクセスポイント機能(例えばhostapd)を
インストールし、実行しておくと良いでしょう。
戻る

センサ用の電源コンデンサ及び写真の誤りについて

 乾電池駆動で動作する各種Wi-Fiセンサに使用可能なコンデンサは下記のとおりです。また、写真11~14のコンデンサの方向が誤っていました。下図のとおり、コンデンサのマークがある方が下側になるように接続してください(回路図や写真中の文字は正しいので、補足情報として案内させていただきました)。写真をクリックすると拡大します。

乾電池で動作する機器に使用可能なコンデンサ
場所 補足
80 図2 単3型電池×3本で3~ C2 1000μ, 16V or 6.3V
以下のコンデンサにて初期動作と長期(3~6ヶ月)動作の確認済み
C2 1000μF, 16V(日本ケミコン  ESMG160ELL102MJ)
C2 1000μF, 6.3V(Panasonic OS-CON 6SEPC1000MD)
C2 1000μF, 6.3V(サン電子  HEA    6HEA1000M)

以下のコンデンサにて初期動作のみ確認済み(長期動作は未確認)
C2 1000μF, 10V (ルビコン  WXA    10WXA1000MEFC10X9)
82 図1 Wi-Fi照度計の回路
85 図2 Wi-Fi温度計の回路
87 図3 リードスイッチを~
90 図4 Wi-Fi温湿度計の~
92 図5 Wi-Fi気圧計の回路
90 写真11 Wi-Fi温湿度計
90 写真12 温湿度計の拡大
92 写真13 Wi-Fi気圧計
92 写真14 気圧計の拡大
戻る

お問い合わせ先・更新情報の受け取り方法

筆者は雑誌に記載した内容以外のサポートは行っていません。購入方法や乱丁については、書店・出版社へお問い合わせください

戻る

免責事項

本書および当サイトで紹介した内容のご利用は自己責任でお願いします。出版社および筆者は一切の責任を負いません。


戻る