Panasonic フルHD プラズマ 103V型 65V型 58V型 50V型

9/1よりPanasonicのフルHDのプラズマ4機種が登場します。

「資料編-
プラズマテレビ VIERA

フルHDとは、ハイビジョンの映像仕様の解像度1920×1080と同じ解像度のパネルを採用したテレビのことです。(詳細=「方式編-液晶のスペック」)

品名

機種名

画面

発売

月産

フルハイビジョンプラズマテレビ
TH-103PZ600 TH-65PZ600 TH-58PZ600 TH-50PZ600
103V型 65V型 58V型 50V型
9/1 9/1 9/1 9/1
受注生産 2000台 5000台 8000台

他社(SHARP)ではフルスペックハイビジョンと呼んでいますが、最近、フルハイビジョン画質やフルHD画質と呼んだ方が良いという議論が出てきています。

ボクは、既に、フルスペックハイビジョンという言葉が広まっていて、用語として認識されているので、どちらの表現でも通用すれば良いと思っています。正しくないのに広まっている用語はいくらでもあるし、ボクも、フルスペックハイビジョンという言葉を使っていて、今更、変えるのは面倒です。

事実、「フルスペックハイビジョン」でのGoogle検索結果は約21万件、「フルハイビジョン」が約29万件です。わずか1社が広めた「フルスペックハイビジョン」が用語として広く知れ渡っている所に、驚きです。