Panasonic Blu-rayレコーダ 3機種 ボクのイチオシ

Panasonic製 Blu-rayレコーダ DMR-BW900 DMR-BW800 DMR-BW700 の3機種が11月1日に発売されます。期待通り45nmの超微細プロセスで製造されたUniPhierが搭載され、フルハイビジョン画質での長時間録画が実現しました。また、AVCRECも搭載し、最大でBlu-rayディスクに18時間、DVDにも1時間40分のハイビジョン録画が可能になりました。Blu-rayディスクとDVDとでは容量あたりの値段は、あまり変わりませんが5~10倍もの容量があるので1枚あたりの値段は大きく変わってきます。このため、ディスク毎に一つの番組を録画したい場合はDVDの方が良いでしょう。

さらに、新しいBD-R規格のVer1.2にも対応して高速ムーブが可能になりました。古いカートリッジ式のBD-RE 1.0の再生にも対応している模様です。(但し仕様にはVer.未記載につき要確認)

SONY、SHARPに比べて機種数は少ないものの、DVD-RAMに対応した唯一のレコーダであり、しかもDVD-RAMにハイビジョン画質で録画できる点で、ボクのイチオシです。この冬のトップシェア間違いなしでしょう。残念だったことは、期待以上の新機能が見当たらなかったことくらいです。

「方式編-Blu-ray/HD DVD

ボクにもわかる地上デジタル