書籍連携サポートページ by ボクにもわかる地上デジタル

XBeeメインメニューへ
地デジトップへ

お詫び

 本書に以下の誤りがありました。ご不便をかおけして申し訳ございませんでした。

Arduinoプログラム全集 正誤表(初版)
10 第2節 左9行 アンテナを交換したり アンテナを指定外のものに交換したり
15 第2節 左7行 Digi International社が買収されました. Digi International社によって買収されました.
17 第5節 左3行 UFLコネクタなどが UFLコネクタタイプ等が
22 右2〜3行目 64ビットのPAN IDは,ATOPで16ビットPAN IDは 64ビットのPAN IDはATOPで,16ビットPAN IDは
30 右6行目 空き空きCOM番号 空きCOM番号
31 第4節 右1行 X-CTUのサポート画面に表示されるインストーラ X-CTUのサポート画面に表示されるLegacy XCTUの中から
38 右5〜6行目 ファームウェアのATコマンド・モードを ファームウェアを用いてATコマンドを
61 右3行目 @「xbee_ gpo」は, @「xbee_gpo」は,
75 右2行目 「MODE_ RESP」が代入されます. 「MODE_RESP」が代入されます.
72 全8か所 xbee_result.GPI. xbee_result.GPI.PORT.
78 左1行目 アナログを扱う回路を製作する アナログ入力を扱う回路を製作する
79 右6行目 約5〜6秒おきに およそ数秒おきに
81 右最終行 「xbee_result. ADCIN」を使用して 「xbee_result.ADCIN」を使用して
83 ソース33行B // AD1ポートの値を変数valueに代入 // 電源電圧値を変数valueに代入
85 左列下2行 C「else」は「if」の〜カッコ内で (削除)
86 右列下1行 xbee_rx_call場合は, xbee_rx_callの場合は,
98 左列下1行 @変数trigに0xFFを設定します. @変数trigに0xFF(255)を設定します.
101 左8〜9行目 値を電圧で出力しないものもあります.そのような場合,Arduinoで測定した結果をXBee ZBで送信する コマンドをシリアルで送信するものもあります.そのような場合,Arduinoからシリアルコマンドを送信する
101 左9行目 Arduinoで測定した結果をXBee ZBで Arduinoからシリアルコマンドを
102 右8行目 このサンプルには このサンプルは
105 右列下3行目 IPアドレスを IEEEアドレスを
106 左列下1行目 COMポートに対して実行します, COMポートを指定し,実行します,
122 定型表-表 子機 | DIO1(19) | DIO2(18) | DIO3(17) 子機 | AD1(19) | AD2(18) | AD3(17)
123 ソース18行目 byte id; byte id=0;
130 定型表-表 子機 | DIO1(19) | DIO2(18) | DIO3(17) 子機 | AD1(19) | AD2(18) | AD3(17)
132 右2行目 接続先 ADポート
134 右2行目 GPIO(DIO)ポート ADポート
135 ソース15行目 byte id; byte id=0;
144 右5行目 「fprint」 「fprintf」
145 定型表-表 子機 | DIO1(19) | DIO2(18) | DIO3(17) 子機 | AD1(19) | AD2(18) | AD3(17)
146 ソース18行目 byte id; byte id=0;
154 右列下5行目 Xbee搭載ブザー XBee搭載ブザー
180 右列下1行目 micor SD micro SD
182 左17行目 同じUARTシリアル信号 同じピン配列のUARTシリアル信号
183 ソース20行目 if(client == true){ if(client.available()){
196 左列下3行 説明です. 説明済です.
199 右10〜11行目 MODEには,「MODE_RESP」がxbee_result MODEには「MODE_RESP」が,xbee_result
204 定型表-表 子機 | DIO1(19) | DIO2(18) | DIO3(17) 子機 | AD1(19) | AD2(18) | AD3(17)
207 定型表-表 子機 | DIO1(19) | DIO2(18) 子機 | AD1(19) | AD2(18)
210 定型表-表 子機 | DIO1(19) | DIO2(18) | DIO3(17) 子機 | AD1(19) | AD2(18) | AD3(17)
224 定型表-表 子機 | DIO1(19) | DIO2(18) | DIO3(17) 子機 | AD1(19) | AD2(18) | AD3(17)
234 定型表-図 親機 | 電子ブザー 親機 | 圧電スピーカ
234 左1行目 このサンプル50は,サンプル49の親機と子機が入れ替わった構成になります. このサンプル50で使用する圧電スピーカは圧電ブザーとは異なるデバイスです.
238 第1節 右下1行 まる4文字が固定である まる4文字の固定長である
240 右12行目 下記の下線部 (削除)
262 第1節 左2行目 XBeeモジュールを,AT XBeeモジュールにAT
294 ソース18行目 (挿入) xbee_ratd_myaddress(xbee_result.FROM);
298 定型表-表 親機 | SSI(6):(LED) 親機 | RSSI(6):(LED)
308 左8行目 サンプル・スケッチ96<example63_log.ino> (削除)
308 左12行目 ガイガーがスリープ中に通信が途絶える最大時間 ガイガーがスリープ状態を継続する最大時間
313 ソース20行目 (挿入) xbee_ratd_myaddress(dev_gpin);
319 ソース8行目 if(client == true){ if(client.available()){
322 文末 (挿入) HTML版は子機XBeeの送信先を設定しませんので子機XBeeのDL値とDH値は初期値(0)にしておく必要があります.不明な場合はX-CTUで確認して設定してください.
326 右列下2行 *call_result *xbee_result
342 写真17-2 LEDの右側に信号線のガイド表示が無い LEDの右側に信号線のガイド表示を追加(写真)
344 左6行目 力する命令します. 力します.
344 右列下2行 高輝度LEDを 高輝度LEDが
348 左7行目 XBee ZBに XBee Wi-Fiに
348 右2行目 ソースリストのIPアドレスを 次ページ@の方のIPアドレスを
350 コラム1行目 XBee Wi-Fiのシリアル接続用の XBee Wi-FiのUARTシリアルの
353 右9行目 取り出せるのは,ならではの特長です. 取り出すことが出来ます.
360 右列下3〜2行 IPアドレスは,固定にしていません. IPアドレスは,DHCPを用いで割り当てます.
364 右列下3〜2行 IPアドレス変数devに,XBee Wi-Fi IPアドレス変数devのXBee Wi-Fi
366 ソース下16行 time >= trig || time <= FORCE_INTERVAL time >= trig && time > FORCE_INTERVAL
368 定型表-表 子機 | DIO1(19):プッシュスイッチSW 子機 | AD1(19):照度センサ
368 定型表-表 子機 | DIO4(11):LED 子機 | DIO4(11):接続なし
369 ソース下24行 time >= trig || time <= FORCE_INTERVAL time >= trig && time > FORCE_INTERVAL
371 右8行目 GPIO(DIO・AIN)ポート1 ADポート1
383 第6節 右2行 条例で得られた16進数値 上例で得られた16進数値
385 第8節6〜7行 そして子機の電源を入れて置いたり動作を確認したりする そして子機の動作を確認する
386 左11行目 区別がつかないからで 区別がつきにくいからで
392 左列下1行 消去します. 無視します.
393 右8〜9行目 親機で実行したリモートコマンドとしてLEDの点滅は子機で実行されます. 親機から入力したリモートコマンドが子機で実行されます.
397 ソース下16行 // ローカル・コマンド・モードへの移行 // リモート・コマンド・モードへの移行
399 左列5行目 書き込んを実行します. 書き込みを実行します.
399 左列7〜8行目 なお,子機の電源は入れた状態にしておき,うまくペアリングや接続ができない場合は なお,うまくペアリングや接続が出来ない場合は
416 右上 http://mycomputer.cqpub.co.jp https://bokunimo.net/bokunimowakaru/cq/

AINポート、ADCポート、ADC(AIN)ポートはADポートの誤りです。以下は一例
95 左3行目 AINポート ADポート
97 左3〜4行目 AINポート ADポート
122 右8,9行目 AINポート ADポート
133 右4行目 AINポート ADポート
133 右6行目 AIN3 ADポート3
137 右21行目 AINポート1 ADポート1

ソースコード中の「\」は「¥」の誤りです
85 ソース 5か所 \n ¥n
89 ソース 4か所 \n ¥n
92 ソース 3か所 \n ¥n
96 ソース 3か所 \n ¥n
98 ソース 3か所 \n ¥n
101 ソース 3か所 \n ¥n
104 ソース 3か所 \n ¥n
107 ソース10か所
112 ソース 5か所 \n ¥n

 本書付属のソフトウェアに以下のバグがありました。実験やテスト目的での利用には問題はありませんが、本ソフトウェアを元に応用プログラムを作成すると問題が生じる場合があります。必要に応じて修正していただけるよう御願いいたします。なおマーカー部は致命的なバグです。

Arduinoプログラム全集 バグ表
サンプル
Example 7 8 コメント内: およそ20msの倍数 約10〜20msの倍数
Example 9 8 コメント内: およそ20msの倍数 約10〜20msの倍数
Example 10 8 コメント内: およそ20msの倍数 約10〜20msの倍数
35 コメント内: AD1ポートの値を 電源電圧値を
Example 13 8 コメント内: およそ20msの倍数 約10〜20msの倍数
Example 15 8 コメント内: およそ20msの倍数 約10〜20msの倍数
Example 21 8 コメント内: およそ20msの倍数 約10〜20msの倍数
20 byte id; byte id=0;
Example 23 8 コメント内: およそ20msの倍数 約10〜20msの倍数
Example 24 8 コメント内: およそ20msの倍数 約10〜20msの倍数
19 byte id; byte id=0;
Example 27 8 コメント内: およそ20msの倍数 約10〜20msの倍数
22 byte id; byte id=0;
Example 28 8 コメント内: およそ20msの倍数 約10〜20msの倍数
Example 30 8 コメント内: およそ20msの倍数 約10〜20msの倍数
Example 35 21 if(client == true){ if(client.available()){
Example 61 88 (行挿入) xbee_ratd_myaddress(xbee_result.FROM);
Example 64 255 (行挿入) xbee_ratd_myaddress(dev_gpin);
Example 65 89 if(client == true){ if(client.available()){
Example 73 49 time >= trig || time <= FORCE_INTERVAL time >= trig && time > FORCE_INTERVAL
53 (行挿入) if(time<=FORCE_INTERVAL)trig=time+FORCE_INTERVAL;
Example 74 51 time >= trig || time <= FORCE_INTERVAL time >= trig && time > FORCE_INTERVAL
55 (行挿入) if(time<=FORCE_INTERVAL)trig=time+FORCE_INTERVAL;
Example 77 185 // ローカル・コマンド・モードへの移行 // リモート・コマンド・モードへの移行

サポートページに戻る

XBeeメインメニューへ

地デジトップへ