亀山第2工場製 AQUOS が発表されました。

「資料編-液晶テレビAQUOS

亀山第2工場製 AQUOS

サイズ|解 像 度|機 種 名 |Wチ|BL*|視野 |コント|応答 |HDMI|DVI|iLink|発売

+──-+────+────-+──+──-+──-+───+──-+──+──+──+──

|52V型|◎フルHD|LC-52GX1W| ○ |4波長|176度|2000:1|4msec|○x2| ○ | ○ |10月

|52V型|◎フルHD|LC-52GX2W| ○ |4波長|176度|2000:1|4msec|○x2| ○ | ○ |10月

|46V型|◎フルHD|LC-46GX1W| ○ |4波長|176度|2000:1|4msec|○x2| ○ | ○ |10月

|46V型|◎フルHD|LC-46GX2W| ○ |4波長|176度|2000:1|4msec|○x2| ○ | ○ |10月

|42V型|◎フルHD|LC-42GX1W| ○ |4波長|176度|2000:1|4msec|○x2| ○ | ○ |11月

|42V型|◎フルHD|LC-42GX2W| ○ |4波長|176度|2000:1|4msec|○x2| ○ | ○ |11月

SHARP AQUOS 新Gシリーズ

AQUOS Gシリーズ

2006年9~10月発売予定

 「資料編-液晶TV」 (8/05)

AQUOSファミリンク機能搭載(同社AQUOSハイビジョンレコーダー等とのHDMIリンク)

 本機能に対応したテレビとレコーダで、一つのリモコンで両方を簡単に操作可能。

 さらに、iLinkとの併用でテレビ側のチューナーを使った裏録が実現できます。

 テレビもレコーダーもチューナーが一つの場合:2番組録画が可能(同時視聴不可)

 テレビレコーダーのいづれかがWチューナー:2番組同時録画+同時テレビ視聴


アンダースピーカタイプ

+──-+────+────-+──+──-+──-+───+──-+──+──+──+──

サイズ|解 像 度|機 種 名 |Wチ|BL*|視野 |コント|応答 |HDMI|DVI|iLink|発売

+──-+────+────-+──+──-+──-+───+──-+──+──+──+──

|37V型|◎フルHD|LC-37GX1W| ○ |4波長|176度|1200:1|6msec|○x2| ○ | ○ |9月

|37V型| ○HD |LC-37GH1 | - |4波長|176度|1200:1|6msec|○x2| ○ | ○ |10月

|32V型| ○HD |LC-32GH1 | - |4波長|176度|1200:1|6msec|○x2| ○ | ○ |9月

|26V型| ○HD |LC-26GH1 | - |   |176度|1200:1|6msec| ○ | ○ | ○ |9月

|20V型| ○HD |LC-20GH1 | - |   |(176)|1200:1|8msec| ○ | ○ | - |9月

+──-+────+────-+──+──-+──-+───+──-+──+──+──+──

サイドスピーカタイプ

+──-+────+────-+──+──-+──-+───+──-+──+──+──+──

|37V型|◎フルHD|LC-37GX2W| ○ |4波長|176度|1200:1|6msec|○x2| ○ | ○ |9月

|37V型| ○HD |LC-37GH2 | - |4波長|176度|1200:1|6msec|○x2| ○ | ○ |10月

|32V型| ○HD |LC-32GH2 | - |4波長|176度|1200:1|6msec|○x2| ○ | ○ |9月

|26V型| ○HD |LC-26GH2 | - |   |176度|1200:1|6msec| ○ | ○ | ○ |9月

PanasonicとSHARP ダブルチューナ,HDMIリンク搭載レコーダ

・PanasonicとSHARP ダブル

 チューナ,HDMIリンク搭載

 レコーダを9月に発売

 「資料編-レコ-ダ」(8/05)

Panasonic DMR-XW50/XW30, SHARP DV-ACW38

ついにPanasonicからWチューナーとiLinkを搭載したハイビジョンレコーダが登場します。アナログ放送用のレコーダーで大人気だったDIGAシリーズが、やっと、デジタルレコーダーでも他社と同等レベルに達しました。ただし、iLink(TS入出力)の完成度や互換性については、商品登場後の情報を待った方が良いかもしれません。

既に、これらの機能で先行していたSHARPも同時期に新モデルを発売予定。SHARPはHDMIを使ったテレビからのコントロール機能(PanasonicのVIERAリンクに類似した機能)であるAQUOSファミリンクを追加しました。

AQUOSファミリンクの中で最も興味のある点はiLinkとの併用でテレビ側のチューナーを使った裏録も実現している点です。テレビレコーダーのいづれかがWチューナーであれば、2番組同時録画+同時テレビ視聴が可能になりました。

しかし、低価格モデルでは上記のファミリンクを実現する為のiLink(TS)が入力のみの対応になっています。つまり、デジタルレコーダーで録画した番組をハイビジョンのままBlu-ray等にムーブする機能が、低価格モデルとはいえ省略されてしまいました。同社の地上デジタル搭載レコーダーの中では初めてです。

今回は、PanasonicはSHARPに追いつき、SHARPは低価格モデルでの機能省略という不可解な動きがありました。HDMIコントロールやiLinkの互換性は、実際の商品を使ってみないとわからない部分が多いので、両社モデルともに登場してからの調査が必要と思います。