コピーワンスの緩和について

2007年04月現在、コピーワンス規制を緩和するための新しいコピー制御方式

が検討されています。2005年には「EPN」と呼ばれる方式が提案されてい

ましたし、当サイトでも2004年以来「0世代方式」を提案していましたが、

これらでは、無制限にコピーが可能であるため認められませんでした。

現在は、放送をHDDに録画したものに限って1回~3回のコピーが認めら

れる方向で検討されているようです。

しかし、このような機能は現在の機器には実装されていません。このため、

現在のほとんどの機器では対応できないと思われます。既に、ハイビジョン

レコーダーの販売数がレコーダー全体の9割以上を占めている点で、普及期

に入っている製品です。既に普及しつつある機器に対して、買換えなければ

対応できないような方式を採用する点には、やはり疑問が残ります。

もっとも、当初からコピーワンスしか無かったのであれば、誰もが新方式を

歓迎するでしょう。ところが、2004年04月以前はコピーフリーで放送されて

いた点、当初から著作権を維持しつつコピー回数に制限の無いEPN方式や

0世代方式が検討されていて、しかも、EPNや0世代であれば現在の機器

であってもアップデート対応できる場合が多い点などを考えれば、新方式に

対応できないことが不満となっていまいます。

この問題を最小限に留める為には、できるだけ多くのレコーダーでのアップ

デート対応を行うなど、現行製品のユーザーに対しても新方式のメリットを

もたらす必要があると思います。

「方式編-コピー制御(保護)

リンク集の更新と条件の見直し

久しぶりにリンク集を更新しました。

ブログやQ&Aサイト、掲示板などについては、一旦、リンクを削除させていただきました。削除されたリンクに関して、引き続きのリンクを希望される方は、お手数ですが、「リンク依頼フォーマット」を利用いただき、再連絡を御願いします。

掲載のための条件も緩和の方向で見直しました。ただし、(最も依頼の多い)アダルトサイト等からの依頼については、お断りさせていただいています。(当サイトは、年齢に関係無く利用可能なサイトを目指しており、年齢制限の必要なサイトへはリンクいたしません)

当方のサイトへのリンクは従来どおり自由です。サイト、ブログなどを公開されている方は、ぜひ、当方サイトへのリンクの御協力を御願いします。(当方からのリンク不要の場合は、特に連絡いただく必要もありません)

赤外線リモコンが動作しにくくなる問題の対策方法を発見

「方式編-液晶のスペック」に記載のとおり、最近は液晶テレビにおいても、赤外線リモコンが動作しにくくなる問題が発生していて、某社ではフィルタを配布して対応しているようです。しかし、配布されているのは、かつてプラズマで問題になった時のフィルタと同じもののようで、赤外線を低減して感度を鈍らせるフィルタのようです。今回、液晶ならではの、より良い対策方法を発見しましたので、紹介したいと思います。

(某社:真相が未確認につきメーカ名を伏せています。ボクも使っている液晶テレビのメーカです)

原因と対策の原理

サイトの方にも記載していますが、赤外線リモコンが動作しにくくなる原因は大型化した液晶テレビのバックライトの点滅が原因です。ですから、この点滅がリモコン受光部に入らないようにすれば良いのです。ところで、写真のように液晶テレビの前に偏光板を置くと、画面下のSHARPのロゴは見えるのに、画面だけが真っ黒に消えてしまいます。液晶テレビからの光は偏光されているためです。そこで、この偏光板を小さく切ってリモコン受光部に貼ってみたところ、ボクの液晶テレビ(SHARP製)でも、はっきりと効果が確認できました。

対策手順

まず、偏光板を小さく切って、液晶テレビに近づけて真っ黒になる方向を確認します。そして、同じ方向のまま、影響を受ける機器(レコーダーなど)のリモコン受光部に貼ります。この時、角度が1度でも曲がると効果が出ません。

そのうちサイトの方も更新しますが、興味のある方は、ぜひ試してみて下さい。