地上デジタル受信機の累計出荷台数が3000万台に

地上デジタル受信機の累計出荷台数(国内、ワンセグ除く)が3000万台になったことが、JEITAより発表されました。3000万台という数字は、一般的な社会生活をしている殆どの家庭に普及したことを示しています。今後は、(1)2台目以降のデジタルテレビ、(2)デジタルテレビに興味の無い(アナログでも良い)家庭への普及促進、(3)レコーダーの買い替え等が進むことになるでしょう。

さて、ほぼ普及した現段階で3000万台中、およそ半分の1500万台が液晶テレビとなり、プラズマは僅か260万台となりました。放送開始前に予想されていたプラズマテレビの普及は大きく覆されてしまいました。

2台目のデジタルテレビとして32インチ以下の液晶テレビが、ますます好調になることが予想されます。しかし、2台目のテレビが必ずしも小型の液晶テレビだけとは言い切れません。1台目に32インチを買った人は、そろそろ、より大型のテレビを望んでいるのです。これまでプライベートルームに置いてあった14インチのアナログテレビは我慢の限界に達し、リビングに50インチを買って、32インチをプライベートルームにといった、テレビの移動も考えられるのです。

今後も台数ベースでは小型の液晶テレビが多いでしょうが、幅広いサイズが要求されるようになり、大型のプラズマテレビや大型液晶テレビの割合も、増加することになるでしょう。

ボクは2005年6月に大型テレビの難点が重量であることを当ジオログで指摘していたのですが、最近は、まさにこの難点を克服した超薄型液晶や超薄型プラズマテレビが登場してきています。大型テレビの決断への一躍となりそうです。

「資料編-液晶テレビ]

「資料編-プラズマテレビ]

ボクにもわかる地上デジタル

SONY ダビング10対応可能機種発表


SONYのダビング10へ対応可能なレコーダが同社より発表されました。

BDZ-X90、BDZ-L70、BDZ-T70、BDZ-T50、BDZ-V9、BDZ-V7

RDZ-D900A、RDZ-D800、RDZ-D700

http://www.sony.jp/products/Consumer/BD/support

/information/archives/080129.html

各社の対応状況は、Panasonic 18機種、SHARP 13機種、SONY 9機種と、SONYはPanasonicの半分の機種しか対応しないこととなりました。また、各社とも約1年前の2006年末モデルからの対応でしたが、機種数の違いや、i.Link(TS)対応の全機種でダビング10対応を行うPanasonicの負担は3社の中で最も大きいと予想できます。

コピーワンス緩和の検討が始まったのが2005年7月頃ですので、それ以前に発売された製品が対応機種に上がらなかったことは、やむを得ないと言えるでしょう。

しかし、当初の予定では、2005年12月までに規制緩和方法をまとめる予定だったにも関わらず、それが大幅に遅延してユーザーに迷惑をかけてしまった結果を考えれば、せめて、2005年の夏以降に発売された機種については、真剣に取り組んでいただきたいと思うところです。

既に、主力の3社が発表を終えてしまいましたが、3社ともに2006年末以降のモデルなのは、在庫や保証期間を考慮しての設定に思えます。

Panasonicを除く2社には、引き続き、旧機種の対応を前向きに考えていただきたいと願っています。

「方式編-コピー制御]

「資料編-レコーダ]

ボクにもわかる地上デジタル

資料編-液晶テレビAQUOS を更新しました


24日に発表された新しいAQUOSシリーズを、「資料編-液晶テレビ」に追加しました。




AQUOS シリーズ表
グレード

シリーズ名

デザイン(イメージ)

薄型

最新モデル







フラグシップ

Rシリーズ

AQUOS ピアノブラック調

2007年03月

高機能モデル

Gシリーズ

AQUOS トラディショナル

2007年08月

ハイエンド

Xシリーズ

(リビング)インテリア調

2008年03月

高画質モデル

Eシリーズ

AQUOS トラディショナル

2008年03月

普及モデル

Dシリーズ

(パーソナル)インテリア調

2007年10月

PC用モデル

Pシリーズ

(パーソナル)インテリア調

2007年11月

SHARP AQUOS Xシリーズ発表 Rシリーズは継続

AQUOS Xシリーズ、Eシリーズ、D30シリーズの3シリーズが発表されました。

これまで同社の上位機種は、半年サイクルで発売され、春にBシリーズ、秋に、Bシリーズの上位となるGシリーズが交互に発売されてきました。昨年の春は、Bシリーズが無くなり、Gシリーズよりも上位の位置づけとなるRシリーズ(最上位&史上最高画質モデル)が加わり、この春に新しいRシリーズが発売されるものと思っていました。しかし、発表されたのは、新しいシリーズのXシリーズでした。

同社のサイトでは、XシリーズはRシリーズ相当と表示されており、また、デザインもRシリーズを継承しているように見えます。しかし、Rシリーズがコントラスト比3000:1の最高画質の液晶パネルが搭載されていたり、Wチューナーを搭載しているのに対し、Xシリーズではコントラスト比2000:1のGシリーズ相当のパネルが搭載されいるシングルチューナーモデルでした。つまり、これまでのRシリーズは、発売後、1年が経過したにも関わらず、引き続き、最高画質モデルとして継続して、Xシリーズを新設したようです。進化の早い液晶テレビで1年以上前のモデルが最上位機種を継続することは、(おそらく)初めてのことです。史上最高と呼ばれたRシリーズの画質に、1年以上も先行した技術が投入されていたとも言えるでしょう。また、画質の改良が十分に図られてきて、徐々に液晶の高画質化への要求が減少してきているのも事実でしょう。最上位機種では、これ以上の高画質化を進めても大きな差別化が図れず、むしろ、薄型のELテレビへの対抗策として、薄型化の方が重要だったとも考えられます。

さて、Xシリーズでは、厚みは世界最薄の3.44cm(最薄部)と改良され、いよいよ現実的な壁掛けが出来るようになってきました。また、4波長バックライトが廃止された変わりに、バックライトと液晶開口率制御や12bit階調表示技術に置き換えられ、高画質化と低価格化の両立が図られているようです。

新シリーズの比較表は、下記にアクセスください。

「資料編-液晶テレビ

Panasonic プラズマ VIERA 3機種を発表

Panasonicよりコントラスト比を15,000に向上した低価格なプラズマテレビを、バレンタインデーの翌日2/15より発売する発表がありました。

50V型 TH-50PX80

42V型 TH-42PX80

37V型 TH-37PX80

サイトのほうは、TH-50PZ800等の最上位機が発売されてから更新します。

おかげさまでアクセス累計100万件を突破しました。


おかげさまで、本日、1月 19日 AM 3時 頃にアクセス累計100万件を突破しました。2004年09月より、当サイトのトップページのアクセス件数をカウントしており、約3年での達成となりました。

2005年末に累計10万件を達成し、翌2006年末には月間アクセスが5万件で累計57万件に、昨2007年は月間アクセス件数は3万件前後で、現在に至っています。

アクセス件数が増加し始めたきっかけは、「ワンセグ」の名称が決定する前から当サイトで「ワンセグ」の名称を使っており、Google検索にて注目いただいたことです。さらに、その3ヵ月後にYahoo! E-Listに登録いただき、その特典でYahoo!検索のカテゴリリストに登録されたり、Yahoo! Internet Guide に掲載され、多くの人にアクセスいただけるようになりました。

アクセス件数の達成は、Yahoo! ジオシティ、Yahoo! 検索、Google 検索の関係者の皆様や、サイト公開当初より技術内容を教えていただいる方々、当サイトへのリンクを貼っていただいた方々、サイト内外の掲示板に書き込んでいただいる方々など、多くの方に御協力いただいたおかげだと思っています。

どうも、ありがとうございました。

ボクにもわかる地上デジタル