SHARP と SONY 液晶生産の合弁会社設立

堺市に建設中のSHARPの液晶工場に新たな動きがあり、SONYと合弁会社を設立する計画が発表されました。

当サイトでは、PanasonicのプラズマテレビとSHARPの液晶テレビを掲載してきました。全てのメーカーのテレビを掲載するのが大変だったのと、SHARPだけが突出して液晶テレビの国内シェアを獲得していたからです。(レコーダーは、ほぼ全メーカを掲載)

ところが、SONYがSHARPの液晶パネルを使ったテレビを発売すれば、SHARPに追いつくか、追い抜く可能性も高いのです。そもそも、優れたテレビ技術を持っていたSONYが国内で苦戦しているのは、SONYの液晶テレビにサムスン(韓国)の液晶が使われていることが一つの大きな要因です。SONYのテレビ技術が優れていても、外国製の液晶パネルとなると、テレビの画質や品質にこだわる国内市場で苦戦するのは当然だと思います。

ところが、SONYが、品質の高い国産のSHARP液晶パネルを使い、これをうまくアピールできれば、SONYの液晶テレビの価値が高まることになることは明らかです。多くのニュースでも取り上げられ、また、発表前後の株価の動きは、SHARPが下がり、SONYが上がっていることからも、このあたりへの期待かと感じます。

ここで、SONYがSHARPの液晶を使った機種を発売する際に、どのようにしてアピールするのかを考えてみました。ボクにとっては、「SONY AQUOSパネル」が意外と抵抗感の無い名前です。それは、「SONY」にも「AQUOS」にも魅力を感じるからです。例えば、「SONY SHARPパネル」や、略した「SSパネル」となると、SONYの高級なイメージを損なってしまいます。もちろん、SONYがAQUOSブランドを使うことは、競合他社であるSHARPを宣伝することになるし、SHARPもブランド名を安易には貸さないと思いますが、合弁会社の名前も含めて気になるところです。液晶パネルに命名する他にも、SONYの全ての国内向けテレビにSHARP製パネルを使い、韓国製との区別を不要にする方法もあります。しかし、SHARPが亀山で一貫生産しているテレビとの価格競争で負けてしまうので、この方法をとる可能性は少ないと思います。無難なところでは、「堺工場製パネル」となるか、あるいは、「ASV液晶パネル」といった面白みの無い表示になるのでしょうか。

SONYは過去にプラズマテレビを撤退した経緯があります。SONYはサムスンのプラズマ事業には出資していないことからも分かるように、テレビ用のパネルを液晶とELに絞り込んでいて、SONYとSHARPのテレビ用パネルの戦略が似ていることも、今回の合弁会社設立への動きにつながったものと予想しています。当初、一部のニュースでは長期的な提携はSONYにメリットが少ないと報道されていましたが、プラズマテレビにも力を入れているサムスン、Panasonic、韓国のLGとは生産する液晶パネルへの方針が異なっているでしょうし、ELへの本格的な移行時期についても、液晶との性能バランスを考えると、プラズマの事業を行っていないメーカーの方が好都合です。プラズマ事業を排他する戦略という点では、むしろ、現在よりも超大型したテレビの普及を見越した長期的な提携が合弁会社の設立だったのかもしれません。(憶測)

「資料編-液晶テレビ]

ボクにもわかる地上デジタル

ダビング10は6月02日に運用開始(北京に間に合った)

アテネオリンピックの前に開始されたコピーワンス放送が、6月02日にダビング10に移行することになり、北京オリンピックに間に合いました。実に4年以上も継続したということです。

これにともない、「方式編-コピー制御」を「方式編-ダビング10」と改め、内容も更新しました。

さて、アテネオリンピックといえば、ちょうど、プラズマvs液晶の競争が始まった頃ではないでしょうか。当時、SONY不在で、Panasonicと、SHARPが薄型テレビ競争を激化させてテレビ市場オリンピックも盛り上がりました。しかし、北京オリンピックの今年は、次世代ディスク競争も終わってしまい、対決ネタが無くなってしまったように思います。オリンピック開催までに、何か新しい対決が無いか考えていますので、御意見があればコメントをください。

写真は、次世代ディスク競争に敗れた東芝製のブラウン管テレビです。ブラウン管と言えば、SONY、東芝が有名でしたが、どちらのメーカーもテレビ用の液晶パネルは自社で内製していません。ところが、このところのSONYの元気さを見ていると、部材は内製力ではなく調達力だと感じさせられます。東芝も部材の調達力を強めて変貌を遂げようとしているのでしょう。このところの競争といえば、この調達力合戦では無いかと思います。しかし、調達力対決は我々には、その結果しか告げられません。消費者にとっては、あまり話題性もありませんので、テレビ市場オリンピックの種目としては面白くなさそうです。

「方式編-ダビング10]

ボクにもわかる地上デジタル

東芝、HD DVD事業の終息

本日、東芝がHD DVD事業を終息する発表がありました。

http://www.toshiba.co.jp/about/press/2008_02/pr_j1903.htm

HD DVDプレーヤー及びレコーダーの新規開発と生産は直ちに中止し、PC用、ゲーム用も量産を終了する方向で調整するようです。

メディア(HD DVD-R)は継続的に何らかの形で供給されるようですし、修理用の部品も、他のレコーダーと同様に製造打ち切り後8年間は保有するようです。ですから、HD DVDレコーダーを買った人の被害は、ほとんど無いでしょう。

市販ソフトについては、新規リリースが無くなると思います。残念ではありますが、このところの、市販ソフトのリリース状況や入手性から考えて、国内でHD DVDレコーダーを所有されている方の多くは、Blu-ray機も所有されていると思います。HD DVDレコーダーをSHARP BD-AV1にi.Linkで接続して、Blu-rayの再生&外付けBlu-rayレコーダとして使用している方も多いようなので、問題ないでしょう。

ニュース等では、「ベータの二の舞い」などとの報道がされていますが、普及する前に撤退したことや、2方式の競争がSONY等のBlu-rayの低価格化や普及に拍車をかけて次世代ディスクの普及を促進したことを考えれば、今のタイミングでの撤退は、ちょうど良い状況だったように思います。

将来的に問題となるのは、HD DVD-Rに録画したメディアの再生環境です。コピーワンス放送を録画したHD DVD-Rのディスクは、Blu-rayへムーブできませんし、8年後は修理も出来なくなる可能性があり、再生環境が無くなってしまいます。ただ、HD DVD-Rは有機色素のディスクなので、ディスクの記録保持期間も10年以上が目安でした。不幸にして、レコーダーが壊れてしまった場合は、ディスクが劣化して読めなくなったのと同じように考えて、諦めるしかないでしょう。

東芝にとっての痛手は、撤退費用が数百億円とも言われていることでしょう。しかし、撤退をすぐに報道発表したことは、企業の透明性を感じさせられ、また、同時に発表されたNANDフラッシュ工場への投資やSanDisk社との新合弁会社設立についても、次世代ディスク競争が「ディスクvsメモリー」のステージに移ったかの印象を受けました。既に、東芝は、最先端の56nmプロセスで製造した16GBのSDHCカードを発売しており、近日中に32GBのSDHCカードを発売する予定です。16GB、32GBと言えば、HD DVD-Rの1層が15GB、2層が30GBですので、Blu-ray機にSDHCレコーダーで反撃してくる可能性もあるでしょう。このように、東芝が強みある事業に集中することは、SED撤退、SHARPとの提携など、一貫した方向が示されているように見受けられ、実に、宣戦布告的な発表に思いました。

「方式編-blu-ray]

ボクにもわかる地上デジタル

「方式編-Blurayディスク」を新設しました。

「方式編-Bluray/HD DVD」よりBlu-ray情報のみを取り出した「方式編-Blu-rayディスク」を新設しました。事実上、「方式編-Bluray/HD DVD」よりHD DVDの内容を削除した形としました。

当サイトでは、Blu-ray、HD DVDの両規格が共に競うことで、次世代ディスクの認知度と普及を促進するものと考え、これまで規格の勝敗については発言しない姿勢をとり続けていました。しかし、昨日のNHKより、東芝がHD DVDを撤退する動きが報道されましたし、Blu-ray方式に、確実な普及が見え始めました。当サイトの利用者が次世代ディスクレコーダーを購入するにあたって、紛らわしい不要な情報に惑わされないためにも、Blu-rayに関する情報に一本化することにしました。

当面は、以下の2ページに分割した形となります。

  方式編 – Blu-rayディスク     Blu-ray (BD-RE,BD-R,BD-ROM)

  方式編 – Blu-ray,HD DVD     Blu-rayとHD DVDの比較(更新停止)

ボクにもわかる地上デジタル

Qtec制作のハイビジョン Reference Blu-ray Disc


写真はQtecが制作したハイビジョン画質のテストパターン映像を収録したAV REVIEWの付録「FPDベンチマークソフトウェア」です。プラズマテレビや液晶テレビのテスト用の映像が収録されています。テスト映像には、プラズマテレビを推進する次世代PDPセンターが定めた動画像の解像度測定方法が含まれている他、プラズマテレビの性能の優位性を示す意図が感じさせられる内容になっています。

写真のディスクは、昨年末に発売されましたが、即完売してしまい現在は入手できません。前置きが長くなりましたが、本誌を買い損ねた方に朗報です

・Qtec制作のハイビジョン

 Reference Blu-ray Discが

 2/22に発売予定http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=874350257&vcptn=geoc%2Fp%2Fe1fR_Rc_X9nah9nPsJ8-です。

「方式編-blu-ray]

「資料編-レコーダ]

ボクにもわかる地上デジタル

ダビング10のARIB規格書(改定案)のアウトラインが公開されました。


昨年12月21に発表されたとおり、地上デジタル放送の「コピーワンス」は、2008年6月頃に「ダビング10」に移行される予定です。本日、ARIBより、ダビング10運用規定の改定案(事実上の最終決定の内容)が発行されました。また、Dpaより、一般向けにも改定案のアウトラインが公開されました。

予定通り、「コピー9回+ムーブ1回」とした内容でした。主に、HDDを搭載したレコーダーから、Blu-rayディスク、DVDディスク、i.Linkダビングを行う場合がダビング10の対象となります。また、SDカードに画質を落してダビングを行う場合も対象となり、1回のダビングとしてカウントされます。

EPGにダビング10表示なし

EPGにはダビング10表示が出ないことになりました。つまり、録画してみないとダビング10かどうかが分からないということになりますが、地上デジタルは全てダビング10に移行する見込みですので、大きな支障は無いでしょう。(BSデジタルはダビング10とコピーワンスが混在する可能性があります。)

ワンセグもダビング10対象

当初は、ワンセグのような低画質の放送に対してはダビング10の対象外とする話も出ていたのですが、残念ながらワンセグもダビング10の対象になってしまいました。しかし、運用規定上はコピーフリーかダビング10かを放送局側で選択できますので、本年中のサイマル規制の終了後は、放送局側でコピーフリーに設定することも考えられます。従来からも、ARIBの運用規定上は問題ない規格になっているのですが、放送局が実際の運用で、どのように設定するのかは分かりません。

アナログ出力

同様に、アナログ出力をコピーフリーにする話も通らなかったようです。しかし、HDDに録画した番組のアナログ出力が1回録画可に変更されました。
また、誤解されている方も多いのですが、アナログ出力で規制を受けていたのは、地上デジタル放送をデジタル記録方式のレコーダーにアナログ出力でコピーした場合のみです。VHSテープにアナログで録画した番組は、従来より、無制限にダビングが可能でした。

http://www.dpa.or.jp/images/news/dub10-outline.pdf

(参考)対応予定の現行機種

 → Panasonic / 
SHARP / 
SONY

「方式編-コピー制御]

「資料編-レコーダ]

ボクにもわかる地上デジタル

Dpa eラーニング「デジタル放送の受信」を公開

Dpa が、eラーニング「デジタル放送の受信」を公開しました。早速、受講してみました。当方サイトと重複する内容が多く、しかも図やアニメーションで分かりやすく説明しています。「基礎編」「導入編」「技術編」の3編構成は、どこかで見たような気持ちになりながら、ライバル的サイトと感じつつ、3編とも受講してしまいました。

技術編も、当サイトの解説では分かりにくい部分も、とても良くまとめられています。悔しいくらいです。一部、当サイトに無い内容もありますが、それを当サイトで補ってしまうと、真似サイトと思われてしまうので、やめておくことにします。

修了テストは受講内容よりも易しい内容です。少し、引っ掛け問題もありますが、当サイトを御覧の方なら、受講しないでも合格するレベルかと思います。

当サイトにブックマークされている方は、出来れば、引き続き、キープしておいてください。(ブックマークをDpaサイトに変更しないでいただきたい。)

http://www.dpa.or.jp/e-learning/

ボクにもわかる地上デジタル