「1080 HD」表示に関する御注意

/bokunimowakaru/std-hdmi.gif
フルHDを表す「フルHD 1080」などのマークに似せた「1080 HD」表示が混乱を招いています。フルHD表示のテレビには「Full HD」「フルスペック」等の「フル」の文字が入っており、「1080 HD」には「フル」の表示がありませんので、御注意ください。

一般的に「フルHD 1080」や「Full HD 1080」のマークがある製品は、1920×1080表示に対応した製品です。また、混乱を避けるために、フルHDでは無い製品には類似のマークを使用していませんでした。しかし、一部のテレビで「1080 HD」と表示されている機種があります。例えば、1440×1080表示はフルHDではありませんが、「1080 HD」のように「フル」の文字が無ければ偽称表示とは言えません。

なお、これらの表示は標準化されているわけでは無く、各メーカーが独自に表示しているものです。当初「フルスペックハイビジョン」の表示が発端となり、何をもってフルスペックなのかが問題となり、「1080」の表示を行うメーカーが登場しました。さらに、1920×1080と1440×1080のような違いの混乱を避けるために「1080」といった数字を使わずに「FULL HD」マークが表示も登場しました。あるいは、「亀山フルスペックハイビジョン」表示や「京都 FULL HD」のような産地を含めた表示もあります。

このような1920×1080のフルHDを示すマークや表示は、メーカー間での整合性はとれていませんでしたが、フルHD対応の表示として消費者にも分かりやすい表示でした。しかし、「1080 HD」はフルHDでは無いので、混乱を招く表示であり、実際にフルHDと勘違いして購入する人も多いようです。

今後は、数字に惑わされることなく、「フルHD」「フルスペック」の文字を頼りにするか、200万画素といった画素数で確認した方が良いでしょう。

「方式編-HDMI端子とD端子#「1080 HD」表示に関する御注意

ボクにもわかる地上デジタル

三菱 Blu-rayレコーダー 発表 「楽レコ」改め「グット楽リモコン」


三菱電機より、Blu-rayレコーダー2機種が5月24日より発売されます。

同社製レコーダーのブランド「楽レコ」を封印し、同社製テレビのブランド「REAL」に変更し「REAL Blu-ray」の愛称が付けられたようです。

「楽レコ」から「REAL」へのブランド改名は、同社製テレビとのHDMIリンク機能が搭載されたことと、スゴ録、スグレコといった似たブランドも中止・縮小していることから実施されたものと思います。

本機の機能面では、AVCREC対応、自動録画(予約)、CM自動スキップ再生、スポーツ番組のハイライト再生、音楽番組の楽曲再生など、多機能な方ですが、i.Linkは搭載されていません。

メーカーによって、2つの流れがあるようで、i.Link搭載のPanasonicとSHARPに対し、自動録画予約のSONYと三菱といった感じです。国内レコーダー市場全体ではi.Link搭載の2社が圧倒的なシェアを確保しており、Blu-ray機は昨年はPanasonic、今年は今のところSONYが強い状況です。i.Linkを含めた各機種の比較表は「資料編-レコーダ]」を参照してください。

記録可能メディアは、BD-RE、BD-R、DVD-RWなど。トレイはBD-RE1.0のカートリッジに対応しているようですが、対応メディアとしてはBD-RE1.0には対応していないません。また、DVD-RAMカートリッジにも対応していません。おそらく、BD-RE2.1をBlu-rayカートリッジに入れて使用するもののようです。(現時点では、カートリッジ入りのBD-RE2.1や、ソニーが試供品として配布した以外に、専用カートリッジの販売はされていません。)

「資料編-レコーダ]

「方式編-blu-ray]

ボクにもわかる地上デジタル

Panasonic フルHDプラズマ VIERA 3シリーズ11機種 発表


PanasonicがフルHDプラズマVIERA、3シリーズ11機種を発表しました。発売は4月10日。プレミアムモデル3機種のみ4月20日。2月に発売されたフルHDではない3機種を合わせて、4シリーズ14機種とプラズマ史上初の充実したラインナップとなりました。プラズマテレビの優位性は、動画像の滑らかさにあります。フルHD機種では動画解像度900本と倍速液晶の600本前後を大きく上回ります。

また、新世代PDPを採用して、暗室コントラスト比も3万:1と、液晶のコントラスト比を大きく上回りました。ただし、実際に使用する環境での明室コントラストは公表されておらず、液晶の方が優れていると思います。(液晶テレビとの比較)

また、最上位のPZ800シリーズは、旧モデルのPZ750シリーズと同様にアクトビラの動画に対応しています。今春からコンテンツも充実してゆく見込みですので、先行している同社の対応機種が最上位機種のみというのは、少し、残念に感じました。

「資料編-プラズマテレビ]

ボクにもわかる地上デジタル