Panasonic Blu-ray レコーダ

Panasonic Blu-ray レコーダ DMR-BW950、DMR-BW850、DMR-BW750、DMR-BR550が2月1日から発売されます。

新モデルでは、ワンセグの録画が可能になり、録画番組をSDカードに書き出せるようになりました。かつて、アナログ放送でDMR-E200Hが実現していた機能の地上デジタル版です。当時と異なり、携帯電話がSDカードではなく、microSDカードに変わってしまっているので、USBケーブル接続での書き出しが出来るように配慮されています。

クイックスタート「切」時の待機電力が削減されたと書かれていますが、従来モデルでは、クイックスタートを「切」にすると、待機時のネットワーク機能の全てが使えなくなり、おそらく、新機種も同仕様と思います。クイックスタート「入」時の待機電力は、BW830の6.0WがBW850で5.7Wと、あまり、変わりませんでした。他社と比較すれば、5.7Wでも優秀なのですが、クイックスタート「入」にしないと動かない機能が増えてきているのに、わざわざ「切」で比較する点は、どうかと。

その他は、YouTubeの対応くらいしか、残念ながら、新しい機能は見当たりませんでした。前モデルから半年しか経過していないせいなのか、前モデルが多機能すぎたせいもあるでしょう。アクトビラのダウンロード対応のレコーダーは、Panasonicだけが先行しており、それだけでも、価値があるかと思います。

前モデルについては、「DMR-BW830」、さらに古いモデルについては、「DMR-BW800」に記載していますので、参考にしてください。

マイナスポイントも、前モデルと同様、カートリッジ入りのDVD-RAMやBlu-rayディスクには非対応ですので、古いBlu-ray規格であるBD-RE 1.0は、録画だけでなく再生すらもできないことです。

http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn090106-3/jn090106-3.html

ボクにもわかる地上デジタル

「資料編-レコーダ

あけまして、おめでとうございます。

あけまして、おめでとうございます。

昨年は、これまで棚上げにされ続けた地上デジタル放送や、それを取り巻く問題に対して、本格的な対応が実施されたり、開始された年になりました。不感対策、B-CAS、私的録画補償金制度、NHK受信料などの問題について、本年も継続することになると思いますが、対策に向けて大きく前進しました。特に、2004年の導入以降、長らく決着のつかなかったコピーワンスの問題が、オリンピック前に間に合う形でダビング10が開始されたことや、地デジ対応機器の大幅な低価格化と、それにともなう普及効果は、なによりの飛躍だったことと思います。

ボクの方は、昨年もまた、Blu-rayレコーダ DMR-BW830を買いました。今回も、PanasonicのBlu-ray DIGAで、BW200、BW800に続き、3台目になります。新しいBlu-ray DIGAはアクトビラのダウンロードに対応しています。

アクトビラとは、映画やドラマをインターネットを使って放送しているサービスで、各社のテレビの最上位機種などで対応しています。また、ソニーが専用のチューナーを発売しています。ただ、画質は高画質なものでも地デジ程度です。

新しいBlu-ray DIGAは、アクトビラだけでなく、昨年12月から開始されたダウンロードサービスにも対応していて、Blu-rayディスク並みの超高画質で番組を楽しめるようになります。

サービスを行っている「ツタヤ」は、この不況下で非常に頑張っているので、今後も、多くの人が利用したくなるような形に向上してゆくのではないかと、期待しています。

それでは、本年もよろしく、御願いいたします。

ボクにもわかる地上デジタル