IchigoJam用ネットワークボードMixJuiceを背負うai.robot.Jam

aitendoで販売されているai.robot.Jamの裏面にMixJuiceを接続し、ランドセルを背負うロボットのように見えるIchigoJam用マイコンボードを作ってみました。
MixJuiceを背負ったairobot.jamで、インターネットサイト「ボクニモワカル for MixJuice」へアクセスしたときの様子。
ai.robot.Jamは、ロボット形状の基板(上部)で作成するIchigoJam互換ボードです。別売りの発射台基板(下部)との2枚で構成します。今回、ロボット基板の裏側にピンヘッダ(足の長いタイプ)を接続し、IchigoJam用ネットワークボードMixJuiceをロボット基板に背負わせてみました。
こどもパソコン「ai.robot.Jam」キット [K-airobotjam]
この写真の接続は誤り(aitendoサイトの写真)
下図はMixJuiceを背負っている様子です。
MixJuiceの電源は、発射台基板(別売り・下部)のPS/2端子の近くにある5VからMixJuiceのCN5の5V端子へ入力し、MixJuiceのCN6にジャンパピンを差し込みました。
ロボット基板のTXDとRXDのピンは、発射台基板ではGNDになっているので接続しないようにします(ピンを切る)。また、PS/2端子側がロボット基板の正面に来る方向に接続します(aitendoのホームページの写真が誤っているので注意する)。
画面の「ボクニモワカル for MixJuice」はIchigoJam+MixJuice用のコンテンツを提供しているインターネットサイトです。アクセス方法は下記をご覧ください。
IchigoJam + MixJuice用ボクニモワカル for MixJuice:
by ボクにもわかるIchigoJam用マイコンボード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です