IchigoJam 用 micro EEPROMカセット

IchigoJam 用 micro EEPROMカセット ~ICソケットにICソケットを~

IchigoJam用のEEPROMカセットが色々と提案されていますが、その中で私の提案はEEPROMにICソケットを取り付けただけの micro EEPROM カセットです。
(単純なネタなのですが、かなり有用ですので、騙されたと思って、一度、お試しください。)
実際に取り付けた micro EEPROM カセットの様子は以下のようになります。
これを、EEPROM用のソケットに差し込んで使用します。つまり、ICソケットとICソケットをコネクタ代わりにするのです。使用時の様子は下図のようになります。
ほぼEEPROMのICパッケージサイズということで、勝手に micro EEPROMカセットと命名しました。
この方法の良い点は、取り付けや取り外し時にあまり力を要しないことです。このため、ICピンもソケットのピンも折り曲がらずに済みます。半年くらい何度も抜き差しして使い続けていますが、痛んだ様子や接触不良の発生はありません。
ICソケットに使われている端子にはバネ性があり折り曲げ強度に対する耐久性の高い金属が使われています。EEPROMのリード端子に比べて丈夫で長持ちします。
しかも、本来の使い方ではないので勘合が緩く、ちょうどカセットとして使うのに良い硬さになりました。
取り付けていない保存用のmicro EEPROMカセットは、導電性のスポンジに取り付けて保存します。
プリント基板の提供までお待ちいただくか、KUGADEN社のオリジナル基板などで、ぜひ、ご活用ください。

その他のEEPROMカセット仕様に関する情報

各種のEEPROMカセットについて調べた情報を下記に公開しています。興味のある方は、ご覧ください。

追記:IchigoJam開発者の福野さんのブログの一部に紹介していただきました

2015/11/18
上記の画像の出典:福野泰介の一日一創 CC BY 4.0 http://fukuno.jig.jp/1210

by ボクにもわかるIchigoJam用マイコンボード