5月15日よりエコポイント開始

統一省エネラベルが「☆☆☆☆(4個)」~「☆☆☆☆☆(5個)」に相当する地デジ対応テレビを5月15日以降に購入した場合、購入額の10%+家電リサイクル料金分をエコポイントとして付与されることになりました。(冷蔵庫、エアコンは5%です。)

エコポイントを受けたい方は、期間中に該当する商品を購入し、「保証書」「領収書」「家電リサイクル券の控え」の3点を取得しておきます。まず、購入前にエコポイント対応商品であるかどうかを確認し、また、商品代金の支払い時には、領収書の購入日付、購入店名、購入製品名、購入者の名前が書かれているかどうかを確認、さらに、商品の受け取り時は、保証書に購入日と購入店名が書かれていることを、必ず確認しましょう。(不備があると、エコポイントを申請できない場合があります。)

但し、実際のエコポイントの付与は、平成21年度補正予算の国会成立が条件となっています。5月15日は予算成立に先立っての期間になる可能性もありますが、エコポイントの発行までに、買い控えが起こるのを防ぐための開始日ですので、目的や状況から考えて、5月15日以降の対象商品の購入については、ほぼ間違いなくエコポイントは発行されるでしょう。もちろん、エコポイントが実際に発行されるのは予算成立後となりますので、ポイント獲得までには時間がかかることになるかもしれませんが。

「地デジ対応テレビを買うなら5月15日以降」といえますが、おそらく、ゴールデンウィーク中に5月15日に先立って、店舗などでは、相当額に近い値引きか、エコポイント相当額を販売店のポイントに上乗せして還元するなどの販売が実施されると予想しています。販売店のキャンペーンになるので、エコポイントと同じ10%には至らないかもしれませんが、即日発行のポイントですので、その場で使える可能性もあり、テレビのポイントで同時にレコーダを買うといった技も使えるかもしれません。

5月からは、地デジ対応テレビがお買い得になりそうです。

参考資料=毎日新聞 2009年4月21日

http://mainichi.jp/life/today/news/20090421k0000e020041000c.html

ボクにもわかる地上デジタル

「地デジTV用プリアンプの実験」CQ出版社4月27日発売

地デジ受信のための基板つきの書籍「地デジTV用プリアンプの実験」がCQ出版社より4月27日に発売されますので、ご案内させていただきます。

本書は、地上デジタル放送を自前で受信する方法に関して、基礎事項から具体的な接続方法までが、まとめられています。また、3種類のプリアンプ(ブースター)の基板が付属していて、自作部品での受信に挑戦することができます。

最も簡単なラインブースターは既に当サイトで紹介しているものですが、共著者の方によって、性能を向上したプリアンプの基板2種類も加わり、幅広い実験が可能になりました。

今後、これらの基板を利用した情報を、当サイトの「自作アンテナ」、「自作アンテナ部品」、「自作ブースター」でも取り上げてゆく予定です。

さらに、当サイトで紹介しているディテクタ回路の基板も付属しています。簡単なチェッカーを製作することで、アンテナ設備の診断を行うことも出来るようになります。

興味のある方は、書店等で予約をいただければ幸いです。

  ○http://shop.cqpub.co.jp/hanbai/books/12/12541.html

  ○立ち読みサンプル

地デジTV用プリアンプの実験

プリアンプ3種類、インジェクター、ディテクタ基板付き(部品は別売り、はんだ付け必要)

B5判 96ページ、定価3,360円(税込)、2009年4月27日発売予定

国野 亘(当サイトの管理人)/鈴木 憲次 / 共著

ボクにもわかる地上デジタル

テレビ版Yahoo! JAPANのサービス開始

HTMLブラウザを搭載したテレビ版のYahoo!JAPANのサービスが開始されました。

2008年5月にサービスを開始したYahoo! JAPAN for AQUOS (参照)では、AQUOSにしか対応していませんでしたが、テレビ版Yahoo! JAPANはメーカーを問わずにアクセスできるようです。

既に、AQUOS向けではヤフーIDを使った一部のサービスが開始されていたり、動画サービスの対応が計画されていますので、こういったサービスも、徐々に、AQUOS以外でも扱えるようになると思います。

Panasonic製の機器でアクセスするには、一度、アクトビラ(又はTナビ)を表示し、[サブメニュー]ボタン(など)でツールバーを表示し、[お好みページ]を選択、ここで、一度、現在のページを[追加]で登録して、再び、[編集]で、URLの欄に下記のアドレスを登録すれば、アクセスできるようになります。

http://dtv.yahoo.co.jp

ボクにもわかる地上デジタル