IchigoJamからLINEへメッセージをカンタンに送信する

IchigoJam web(またはIchigoJam+MixJuice)から、メッセージをLINEに送信する方法について説明します。
LINE Notifyとbokunimo.com上の半角カナ変換機能を使うことで、IchigoJamのダイレクト・モード(1行コマンド)でカンタンに直接実行することが出来ます。

コンニチハLINE Notify

IchigoJamからLINEにメッセージを転送します。下図は、IchigoJamから「コンニチハ」を送って、LINEアプリで表示したときの様子です。

IchigoJamから「コンニチハ」を送って、LINEアプリで表示したときの様子

IchigoJam web

IchigoJam webであれば、ハードウェアなしで、BASIC + HTTPを試すことが出来ます。詳しくは、下記のブログ記事をご覧ください。

(概略)パソコンやスマートフォンのブラウザで、IchigoJam webにアクセスし、IchigoJam画面上に表示されたボタンの中にある[I/O]ボタンをクリックすると、「MixJuice」が表示されるので、チェックボックスにマークを入れる

IchigoJam web:
https://fukuno.jig.jp/app/IchigoJam/

IchigoJamで送信する方法

下記のIchigoJam BASICコマンドで、LINEへメッセージを送ることが出来ます(MixJuice)。クエリTOKENのxxxには、LINE Notify用のトークン(後述)を、クエリMESにはメッセージを渡してください。

IchigoJamからLINEにコンニチハを送信する
?"MJ GETS BOKUNIMO.COM/15/TOLINE/?TOKEN=xxx&MES=コンニチハ"

LINE Notify 用のトークンの取得方法

この実験にはLINE アカウントと LINE Notify 用のトークン(TOKEN)が必要です。
トークンの取得方法は、以下の通りです。

トークン取得方法:
1. https://notify-bot.line.me/ へアクセス
2. 右上のアカウントメニューから「マイページ」を選択
3. アクセストークンの発行で「トークンを発行する」を選択
4. トークン名「boku」(任意)を入力
5. 送信先のトークルームを選択する
 (「1:1でLINE Notifyから通知を受け取る」など)
6. [発行する]ボタンでトークンが発行される
7. TOKEN=xxxの「xxx」の部分にトークンを記入

本ブログ記事はFacebook IchigoJam-FANの投稿(IchigoJamでLINEしてみました・中村さん)を参考に作成しました。元の記事では、IchigoJamで文字変換していましたが、サーバ側で行うように変更し、1行コマンドで実行できるようにしました。また、IFTTTの設定操作も不要にしました(但し、LINE Notifyでのトークン取得が必要)。

半角カナ→全角の変換には後述(次ページ)のjaconvを使用しました。
とはいえ、半角のままでもLINEへ送れることが分かったので、標準を半角、オプションのクエリ(&FORMAT=ZENKAKU)で全角を送信するようにしました。

IchigoJamの半角カナ文字を全角に変換してからLINEへ送信する:
?"MJ GETS BOKUNIMO.COM/15/TOLINE/?TOKEN=xxx&FORMAT=ZENKAKU&MES=コンニチハ"

トークン情報の取り扱いについて

bokunimo.comに送信した一部の情報をデータベースに保存し、本サービスの提供や改良、開発用等に使用しますが、LINEのトークンやメッセージについてはLINE Notifyに転送するのみに使用し、保存したり他の目的での使用は行っていません
動作ログ(クエリ情報を含む)については、別の(安全性が確保された)サーバ領域に一時的に保存され、所定の期間超過後に自動で削除しています。また、警察や政府関係機関から正当な開示を求められた場合に限り、保存した情報や、動作ログなどを提供する場合があります。

参考文献

本ブログ記事の作成にあたり、下記のドキュメント、ブログを参考にしました。

LINE Notify API Document:
https://notify-bot.line.me/doc/ja/

IchigoJamでLINEを送信する方法(Hana道場【師範】のブログ)
https://hanadojo-sihan.hatenablog.com/entry/2020/10/13/001805

BASICでもっと手軽にIoTプログラミング!IchigoJam webにバーチャルMixJuiceを実装、コロナ対策データ計算サンプルプログラム(福野泰介の一日一創)
https://fukuno.jig.jp/3013

by bokunimo.net


次ページは余談や参考情報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です