Outlook 2016 「プロファイルの読み込み中」のまま起動しないときの対策

Outlookが起動しなくなり、また無駄な時間を過ごしてしまいました。ネットで調べても解決方法が見つからなかったのと、今年、2度目の発生だったこともあり、対策方法をメモしておくことにしました。

発生した経緯=IMAPアカウントの追加に失敗してしまった。

Outlookへアカウントを自動設定で追加しようとしました。しかし、「自動では設定できない」といったメッセージが表示され、手動で設定することに。すべての項目を入力して「次へ」を押したところ、Outlookがハングアップしました。
その後、Outlookを立ち上げようとしても「プロファイルの読み込み中」のまま起動できません。
この「追加しようとした新しいIMAPアカウント」が邪魔で起動しなくなってしまったようです。

修復方法=①PSTの修復と②不具合アカウントの削除

①PSTの修復
まずは、PSTファイルの修復です。Microsout Outlook受信トレイ修復ツール(Microsoft Outlook Files San/Repair Utility)を使用します。(おそらく)下記にあります。必ずしも、同じ構成ではありませんので、下記のパスを頼りに探してください。
C:\Program Files\Microsoft Office\root\Office16
Scanpst.exe
Outlookユーザにとって必須のPSTファイル修復ツール。これなしに、Outlookは怖くて使えない。あっても怖い。修復時に、バックアップ(BAKファイル)を作っておくと良い。
Scanpst.exeを実行し、修復するPSTファイルを選択します。通常は下記にあります。

C:\Users\xxxxxxxx\AppData\Local\Microsoft\Outlook
修復すべきPSTファイルが上記にないかもしれません。その場合は、「メール設定 – Outlook」アプリの「データファイル」でパスが表示されますので、目的のファイルを修復してください。
ちなみに、その「メール設定」とは、コントロールパネルの中にある「Mail (Microsoft Outlook 2016)」のことです。この後の作業でも使用します。
※PSTの修復が完了しても、Outlookを起動してはいけません。もちろん、同じ問題が2度目だった私は、ここでOutlookを立ち上げるようなことはしません。いや、やってしまいました。
そして、後悔しました。ふりだしにもどって、PSTを修復してください。
②不具合の原因となったアカウント情報の削除
次の作業は、不具合の原因となったIMAPアカウントを削除することです。
コントロールパネル内の「Mail」と書かれた「メール設定」を開き、「電子メールアカウント」を選択し、追加しようとして失敗したIMAPのアカウントを消してください。過去に正しく動作していたアカウントは、残しておきます。

このウィンドウの名前は「メール設定」である。「メール設定」を開くには、コントロールパネルの中の「Mail (Microsoft Outlook 2016)」を開く。分かりにくいと思うかもしれないが、これはセキュリティ対策の一つである。パソコンに詳しくない人が「メール設定」を変更しようとしたときに、見つからずに断念するように設計されている。(嘘です)。
以上の作業を終えてから、Outlookを起動。
無事に起動しますように!

こまめにバックアップしよう

こまめにPSTファイルをメディアに保存しておきましょう。
SDカード、USBメモリ、CD-R、DVD-Rは、長期の保存には不向きです。CD-RWやDVD-RAM、Blu-rayディスクなどに保存すると、良いでしょう。読むための機器がなくなりそうなDATや、ZIPメディア、MO、Smart Media、Mini SDカードといったメディアも避けたほうが良いでしょう。

By ボクにもわかる電子工作