Echo SpotとGoogle Homeの消費電力と比較してみました。

Echo SpotとGoogle Homeの消費電力と比較してみました。

アナログ時計表示時や音楽再生時はGoogle Homeの方が省電力でしたが、テキスト文字表示状態では表示部の無いGoogle Homeと変わらないか、若干、勝っているようです

Amazon Echo Spotの消費電力

文字表示(輝度最小)1.8W 参考:Google Home 1.9W
時計表示(輝度最小)2.2W
時計表示(輝度最大)2.6W
音楽再生(音量5)  2.8W 参考:Google Home 2.3W

Echo Spotの消費電力は、表示輝度や表示内容によっても変化します。表示輝度の大小で約0.4W、文字表示と時計表示でも約0.4Wの差が生じ、合計で0.8Wもの差が生じます。
時計表示のときに秒針が動くので、その消費電力が大きいのでしょう。

また、本ディスプレイに限らず、表示輝度を少し下げるだけで消費電力は大きく変化します。例えば明るさを中央(自動明るさ設定はOFF)にした場合の消費電力は文字表示時1.9W、時計表示時2.3Wでした。

タッチパネルで操作ができるので、マウスの近くに設置することに決めました。奥のPC用ディスプレイの消費電力は74W(パソコンを含めると80W以上)。歌詞を見ながら音楽を聴きたいときに、Amazon Echo Spotを使えば、消費電力を30分の1くらいに削減できそうです。
by ボクにもわかるホームページ
https://bokunimo.net/