カテゴリー
Raspberry Pi オーディオ

Radio & Jukebox 搭載 Raspberry Pi DAC

LCDとオーディオ用 DAC を接続したRaspberry Pi に、インターネット・ラジオ機能とジュークボックス機能を追加する方法について説明します。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7

前ページからの続き

別途アンプが必要

ケースへの組み込みが容易なヘッドホン端子を使用しましたが、スピーカやヘッドホンに接続するには、別途、アンプが必要です。下図は本機(下段)にアンプ(上段)を重ね、スピーカに接続して試聴したときの様子です。

出力にはケースへの組み込みが容易なヘッドホン端子を使用したが、スピーカやヘッドホンに接続するには、別途、アンプが必要

上記のアンプの製作方法は下記を参照してください。

ソフトウェアのインストール方法

前回(https://bokunimo.net/blog/raspberry-pi/3123/)と同じ方法で、DACの設定、alsa-utilsと、ffmpeg、筆者作成ソフトウェアのインストールを行ってください。

DACの設定は、以下の手順で行います。

(DACの設定)
$ sudo nano /boot/config.txt ⏎ # 以下を追記
    dtoverlay=hifiberry-dac
$ sudo nano /etc/modules ⏎ # 以下を追記(古いOS用)
    snd_soc_hifiberry_dac
$ sudo reboot ⏎ # システム再起動

ソフトウェアのインストールは、以下のコマンドで実施します。

(インストール)
$ cd ⏎
$ sudo apt install alsa-utils ⏎ (LITE版OS使用時)
$ sudo apt install ffmpeg ⏎
$ sudo apt install git ⏎ (LITE版OS使用時)
$ git clone https://bokunimo.net/git/audio ⏎

筆者が作成したLCDドライバ raspi_lcd の最新版を実行するには、コンパイルが必要です。ディレクトリaudio/radio/pi内でmakeを実行してください(安定版バイナリも収録済)。

(コンパイル)
$ cd ~/audio/radio/pi ⏎
$ make clean ⏎
$ make ⏎
$ ./radio.sh ⏎

※プログラムはGitHubで公開しています。

I2CのACKを無視する

LCDドライバ raspi_lcd には、I2CのACKを無視する機能が搭載されています。raspi_lcd の使い方は、下記のコマンドで表示されます。-i オプションを付与すると、LCDからのACKを待たずに、次々に表示データを送信します。

 (参考情報)LCD表示用プログラム raspi_lcd の使い方:
$ cd ~/audio/radio/pi ⏎
$ ./raspi_lcd -h

本リポジトリに収録したプログラムは、AQM1602Y-RN-GBWの動作に合わせています。LCDによっては、ACKのタイミングによって、正しく表示データを受信できない場合があります。

下記はACK待ち時間が合わなかった場合の表示例です。「2022/12/30」が「02212/30」になってしまいました。

もし上図のような表示になってしまった場合は、I2Cの信号線にI2Cリピータなどを挿入し、プログラム radio.sh 内の raspi_lcd 命令から -i オプションを削除してください。

次ページに続く

「Radio & Jukebox 搭載 Raspberry Pi DAC」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 - 
Chinese (Simplified)
 - 
zh-CN
Chinese (Traditional)
 - 
zh-TW
English
 - 
en
French
 - 
fr
German
 - 
de
Italian
 - 
it
Japanese
 - 
ja
Korean
 - 
ko
Russian
 - 
ru
Spanish
 - 
es