Raspberry Pi 4 の待機時消費電流は、Pi 3の約4分の一、Zero W の約半分と低かった

消費電力が大きいことが課題と言われているRaspberry Pi 4ですが、待機時の消費電流が22mAと小さいことが分かりました。

上表の最右列の「消費電流」には、実測に基づく平均消費電流とOFF時の待機時消費電流を記載しています。Raspberry Pi 4について確認してみたところ、待機時の消費電流が22mAであることが分かりました。

以下に、動作時と待機時(上表のOFF時)をまとめました。

Raspberry Pi 4    動作時 570 mA 待機時  22 mA
Raspberry Pi 3+   動作時 420 mA 待機時 100 mA 
Raspberry Pi Zero W 動作時 130 mA 待機時  40 mA 
Raspberry Pi Zero  動作時  80 mA 待機時  20 mA

動作時の消費電流は増大していますが、処理能力も3倍に増加しており、例えば待機と動作を繰り返す間欠動作を行った場合、消費エネルギーを抑えることが出来ます。

例えば、人感センサが反応したときだけRaspberry Piを起動し、カメラで撮影した画像をクラウドへ送信後、シャットダウンするようなシステム(参考=https://bokunimo.net/blog/ichigojam/105/)では、Raspberry Pi Zeroなみにエネルギーを節約できるかもしれません。

Raspberry Pi Zeroの待機時消費電力の低さを応用した試作例( 人感センサが反応したときだけ、Raspberry Piを起動し、カメラで撮影した画像をクラウドへ送信後、シャットダウンする)

このシステムでは、Raspbianを起動するためのエネルギーが必要です。もし、システム起動に要する時間が約7分の一になれば、Zeroなみの平均消費エネルギーで動作することになります (Raspberry Pi 4動作時の消費電力がZeroの約7倍なので) 。

なお、現時点ではWi-FiおよびBluetoothが利用できないので、アンテナへの給電ラインを切断し、51Ωのチップ抵抗に置き換えて、消費電力の確認を行いました。

by ボクにもわかるRaspberry Pi
https://bokunimo.net/raspi/